1人の時と家族がそろった時の節約方法は違って当たり前

家族が揃う休日には、朝昼のご飯をはじめとして、色んな物の出費も嵩みますよね。
「水を出しっぱなしにしないで!」
とか
「部屋を出る時には電気は消して!」
なんて、口煩く言うのも嫌になってきます。
毎日コツコツ節約しているのに・・・
なんて、歯がゆい気持ちがムクムクッと枠出てきたりもします。

でも、ふと考えると言われてる家族もきっと嫌なはずです。
せっかくのお休みなんですもの皆でゆったり過ごしたいですよね。

だからもう口うるさいお母さんは卒業しようと思うんです。
家の中での節約は、1人の時にすれば良いじゃないかって。
1人っきりの時に暖房のスイッチを入れるのは躊躇われますけど、家族が居る時はそういう妹ちも振り払うようにしています。
同じ家族で過ごすなら、暖かい部屋でのんびり寛ぐ方が楽しいですもんね。
お風呂だって続けて入ればそれだけで節約になるんですから、全体的にはプラスマイナスゼロだと考えるようにしています。
でも、「いつもならお母さんはこうしている」とそのうち思ってくれることを実はちょっと願っているんですけどね。