お店よりも美味しい酢豚

先日酢豚を久しぶりに作りました。
もちろん、味はレトルトの材料ですが、肉などの仕込みなど以外に技術がいるものです。

うまくいく時とそうでない時があって、前回は失敗して美味しくなかったので今回こそはお店顔負けに作りたいと頑張って気合を入れました。

まずは、お肉の仕込みなのですが、塩コショウして卵で下味をつけます。
その時卵の量が多くても少なくても、もちろんですが、いけません。
それから片栗粉をつけるのですが、たくさんつけるとさらにカリッとあがるんじゃないかと誤解して前回たくさんつけてあげたところ、どうもヌルヌルした感触のものになってしまいました。

それで今回は、ちゃんときれいに、粉を落とし多めの油でカラリと揚げることができました。

それからポイントが人参ですが、一度茹でて炒めるのですが、茹ですぎもダメで茹で不足で生っぽくてもタブーです。
今回何とかこれも成功。

出来上がりはというと、お店顔負けの美味しい酢豚となりました。
やはり家族の食べっぷりの違いが分かります。
人数よりも多めに作ったのに、あらあらという間に無くなってしまい、嬉しい悲鳴です。